アウターケーシング

アウターケーシング

アウターケーシング


アウターケーシングとは中空のチューブ状素材の呼称です。
ワイヤーロープを中に通し、ガイドされてすべらせながら動かします。
外周は樹脂(PVC:ポリ塩化ビニルやPE:ポリエチレン)で被覆されています。

コントロールケーブル(インナーワイヤ)


各種チェーンにビニール被覆をします。長尺の被覆も可能です。
コントロールケーブルは、自転車、自動車、オートバイ、農機具、航空機、窓開閉設備機器などの
「駆動」「動力伝達」及び「操作」に用いられているワイヤロープを総称したものです。

呼称について

アウターケーシングアウターケーブルまたはアウターワイヤなどと呼称します。これに対して、
コントロールケーブルのほうをインナーワイヤまたはインナーケーブルなどと呼称します。
(意味はどれも同じです。)

アウターケーシングの代表的なサイズ

構成 適用インナーワイヤ A(外径) B(内径) ライナーチューブ 最小曲げ半径(mm) 参考質量g/m
φ5.0 φ1.0~1.5 5.0 2.1 50 60
φ6.0 φ1.5~2.0 6.0 2.4 60 90
φ7.0 φ2.0~3.0 7.0 3.9 75 120
φ8.0 φ3.0~3.5 8.0 4.4 80 160
φ9.0 φ3.5 9.0 4.8 80 200
φ10.0 φ3.5~4.0 10.0 5.8 100 230

*ライナーチューブの有効性:インナーワイヤとの摩擦を低減して摺動性が向上します。
≪ 材質 ≫
下巻線 :SWRH62A
被覆樹脂:PVC、PE
被覆色 :黒
ライナー:PE(モリブデン入り)


TOP